Photo Album 2004

震災から9年目の神戸で,変わったもの,変わらないままのものなどを集めてみました。

震災9年の日に

今年も「1.17」をひかえて神戸にやってきた。震災を想い起こし,犠牲者の鎮魂・慰霊をし,被災者・ヴォランティア仲間らと再会した。




三宮・神戸マルイ前にて。
今年も集まった被災者&ヴォランティア仲間ら(上)と通行人への呼びかけとローソク。 (2004.1.16)

一昨年まであったフェニックスプラザのあとにできた神戸マルイが03年10月に開店し,三宮駅南側の景観も“明るい”ものとなった。例年集う被災者の高齢化も相まって,これを機に今年は,同地で例年行われてきた鎮魂のローソク灯しとテントでの夜を徹しての語らいをやめ,ビラ配りなどの情宣活動だけにすることにしたが,直前になってローソクの手配ができ,ローソク灯しが行われることになった。




三宮・東遊園地にて,長田区内の復興住宅にて(右下) (2004.1.17)

「1.17」関係で,絵になる,映像として使いやすいものを撮りやすいということで,三宮の東遊園地のローソクを浮かべた竹筒には多くの報道陣が詰めかけ,撮影の場所取りにも苦労することさえもあった。しかし今年は昨年よりもやってくる報道陣の数は少なくなった。そうした中,集まった仲間とともに地震発生の時刻に黙祷。夕方にも住民手作りの慰霊行事が行われている長田区内の復興住宅を訪ねた。




長田神社附近 (2004.1.10)

震災でとりわけ大きな被害を受けた長田区の名の由来になるこの神社の被害も大きかった。崩壊した鳥居の石が残されている。高速長田駅方面から門前町をなす参道の入り口にかかる鳥居も鉄板でつくられている。

ホテルシェレナは今?

この部分は「消えゆくホテルシェレナ」に移動しました。

あの人たちは今?

全国の都道府県でもっともホームレスが多い大阪府。このサイトの「Mr. Leeと行ったホームレス支援日記」でも採り上げたように,西成・あいりん地区以外でも多くのホームレスの姿を見るとことが多くなったが,そうした一つであった大阪市庁南側の中之島公園では「改修工事」を口実に,その一時のすみかを逐われた。


「改修工事」を口実にホームレス放逐が行われた中之島公園 (2004.1.18)

1月18日「イラク国際戦犯民衆法廷関西実行委員会」の呼びかけたピースウォークに参加した際に撮影。目前の矛盾と帝国主義戦争の本質のいずれもが,権力者による隠蔽が巧妙化しつつある点において共通している。

(2004.1.30)

Photo Album:
SEO [PR] J[hr AEx o^C av[g^T[o[ Cu`bg SEO