Bicycle

これまた趣味というほどではないかも知れませんが,重要な生活の一部以上の存在です。

東京に出てきた年に,当時まだ高かった(?)マウンテンバイクを買って,恐らく地球1周以上の距離を乗ったことでしょう。通勤・通学その他,23区とその周辺はだいたいこれで間に合わせました。

ところが1999年秋,修理不能の損傷となり,買い換えなければならなくなりました。そこで取り急ぎSpecialized Crossriderを,2004年夏にはCenturion Cross Lineを池袋丸井Fieldで購入しました。その他アクセサリー類は,同じ池袋のGalaxyでかなりを揃えています。池袋はこうした自転車の専門店が充実しているので,メンテナンスやグレードアップには何かと都合のいいところだと思います。

Bicycle−つれづれなること

クロスバイクに買い換えたのは正解で,東京都心部での走行はより快適となり,疲れも少なくなりました。

Specialized Crossrider at Homyoji Temple マウンテンバイクやロードレーサーのように,常に最先端の技術が投入されたり,高度の趣味性が求められたりということがないだけに,やや地味な存在ですが,日常的に利用し,生活の一部として楽しむには,クロスバイクは最適でしょう。クロスバイクの便利で楽しい利用法をはじめ,さまざまな情報交換のきっかけになればと思います。 そこで,自転車に乗りながら,ふと気づいたこと,感じたことのページを作りました。

こちらに興味を持たれた方は,Bicycle−つれづれなること」にお進み下さい。
Centurion Cross Line nearby Rikugi-en garden

愛用の自転車。
くわしくは
画面をクリック!

上) Specialized Crossrider (1999.10-2004.5)
右) Centurion Cross Line (2004.6- Now)

このほかHARA Hideki's Blogにも自転車関係の記事があります。あわせてご覧下さい。

都市生活改善ボランティア Volunteer for Reforming Urban Life

それからもう一つ。

長く日本の都市で自転車に乗っていると,自転車と自転車利用者が,正当な社会的評価・地位を得ていないことを,痛切に感じます。

こうした否定的情況が,環境に優しい自転車の特性をないがしろにしていることは,言うまでもありません。のみならず,現在日本で,都市における公害防止,生活環境改善といった,今日的課題に対して採られている政策が,いかに住民生活本位でないかということの一端を示したものであることを,見逃すことはできません。この点に関していえば,欧米との差は歴然としているといわねばなりません。

自転車利用の推進を通じた,住民生活と環境に優しい都市生活の在り方の提言が急務と考えた理由の一つが,ここにあるのです。現在日本では,この問題について,あまり取り組まれてはいませんが,ともに少しでもお考え戴けたらと思います。

こちらに関心を持たれた方は,別サイト「都市生活改善ボランティア」にお進みください。

都市生活改善ボランティア; Volunteer for Reforming Urban Life

すべての都市住民と環境に優しい街を!
あまりにおかしな日本の自転車政策を根底から鋭く批判する,
自転車利用者の前衛サイト。

「都市生活改善ボランティア」は,Yahoo! JAPANに掲載されました。
カテゴリ; 趣味とスポーツ > 自転車生活と文化 > まちづくり

SEO [PR] J[hr AEx o^C av[g^T[o[ Cu`bg SEO