Greeting & Introduction

Greeting

四天王寺の眠り猫

Welcome to HARA Hideki's Room: 「絶対矛盾の自己同一」

ようこそ私のホームページへ。ここには,私の趣味や身の回りのものごと,研究(中国近代史・近代日中関係史)に関するもの,そしてヴォランティア活動に関するものなど,多岐に渡った内容があります。まとまりのないものですが,興味のあるところからご覧下さい。

このページをご覧になってのご意見・ご感想・お問い合わせなどございましたら,お気軽にメールを戴けたらと思います。

「絶対矛盾の自己同一」とは?

難しいことは抜きにして,早い話が,哲学者・西田幾多郎が,人間は,色んな矛盾する要素をぎょうさんかかえて存在しとるもんやっちゅうことを,こないなことばでいわはったんや。

About Pictures of Top Page

川崎大師の風鈴市にて

川崎大師の風鈴市にて

川崎大師は,芸能や厄除け知られるが,金剛山金乗院平間寺が正式名称の真言宗智山派大本山だ。境内で毎年夏の初めに開かれる風鈴市も,夏の風物詩として定着している。全国各地からさまざまな風鈴が集まるなかで,たまたまこのようなものを見つけた。

名古屋・大須観音の招き猫

名古屋・大須観音の招き猫

大須観音は名古屋を代表する巨刹で,北野山寶生院真福寺が正式名称だ。門前町は平行する商店街が延びており,市営地下鉄駅近くの広場には大きな招き猫のモニュメントがつくられ,街ゆく人々と商売繁盛を見守っている。

自性院の招き猫

自性院の招き猫

東京で世田谷区の豪徳寺とともに猫寺として知られるのが新宿区西落合にある自性院(じしょういん,西光山無量寺)だ。都営大江戸線の落合南長崎駅からほど近い境内入り口にこの招き猫がある。太田道灌が同地に拠った豊島氏と戦った江古田ヶ原の戦いの際,敵地で日が暮れて道に迷った道灌のもとに1匹の猫が現れて同寺に導いたおかげで,難を免れ勝利をおさめたという。道灌はこの猫を大切にし死後同寺に葬り,地蔵尊を奉納したという。これから時を経て江戸中期,貞女の誉れ高い町人女性の遺徳をたたえ冥福を祈るため猫面地蔵尊が石刻され,上述の縁起からこの寺におさめられた。爾来秘仏とされるが節分の日だけ開帳される。

四天王寺の眠り猫

四天王寺の眠り猫

大阪・四天王寺の東門の向かいにある門の上に、東門、さらには極楽浄土に通じるとされる西門・石の鳥居をまっすぐ見据える位置に、木彫りの眠り猫はいる。現在のものは第二次大戦後の再建だが、その前にあったものは左甚五郎作で、現存する日光東照宮の眠り猫と一対をなし、元旦の朝にお互い三声鳴きあうといわれた。四天王寺の七不思議のうちに数えられ、浪曲でも知られる四天王寺の眠り猫だが、ゆる系キャラクターながらもしっかりとあるべき方向を見据えているところがいい。

豪徳寺の招き猫

豪徳寺の招き猫

世田谷区に豪徳寺という、近隣の地名や駅名にもなっている巨刹がある。ここは招き猫の寺としても知られる。彦根藩二代目藩主・井伊直孝が、鷹狩りの帰り、門前で手招きをする猫に誘われて寺に寄ったところ、突然激しい雷雨になり、幸運にも落雷を免れ、爾来福を招く猫のいる寺としてこの寺を大事にした。当時は小さな庵だったこの寺も、譜代大名筆頭格の井伊家の菩提寺となり寺運隆盛し、寺側も猫によって福を招いたといえる。井伊直孝や、幕末大老をつとめた井伊直弼の墓も豪徳寺にある。ちなみに、豪徳寺の境内で販売されている招き猫は全部右手(前足)を挙げている。

a hire stop for heaven

天国前のハイヤーのりば

東京銀座に「天国前」というハイヤーのりばがある。

ここから乗る車は,まさに天使のごとく天国へと誘うのであろうか,あるいは儚い夢を醒まして現実世界へと引き戻すのであろうか,はたまた天国前から引き返して地獄へと導くのであろうか。これは神のみぞ知る。いやその前に自らの胸に手を当てて顧みれば解ること……

大仰なことを言ってはみたが,これは標識が「てんくに」という店の前にあるだけのことだ。 (2004.4.23)

figure of rakan listening to music

音楽を聴く羅漢像

京都・五百羅漢寺の境内にはさまざまな姿をした羅漢像がある。その一つにヘッドフォンで音楽を聴いているものがあった。緑萌えるシーズン,アウトドアで気に入った音楽を聴いてみるといい気分転換になるかも。 (2002.4.10)

Viva! Favourite Music!

Philosopher's Lane, Kyoto

哲学の道: Philosopher's Lane

哲学者・西田幾多郎が好んで散策したことからこの名がついたという。京都の桜の名所の1つでもあるが,私は散り初めの薄曇りの日が気に入っている。咲いている花と,散って積もった花びらとが,桜色の光に包みこんでくれるからだ。
うちのページのサブタイトル「絶対矛盾の自己同一」は,難解で知られる西田哲学の概念の中でも,とりわけ難解なもの。よーわけの解らんうちのページのことを言い当てているようなので,これまた使わせてもろてます。 (2001.4.4)

Save Dugongs!

泳ぐジュゴン: Dugong

「全てのPCにジュゴンを!」プロジェクトの作品を頂戴しました。

うちのもう一つのサイト「都市生活改善ボランティア: Volunteer for Reforming Urban Life」のトップページでは,2匹並んで仲良く泳いでいます。(2001.1.10)

SEO [PR] J[hr AEx o^C av[g^T[o[ Cu`bg SEO