東京都心部にある近現代日中関係史跡

自分が住んでいるあたりや,よく行くところの紹介や,名所・旧跡の案内は結構多いけれど,こういうテーマのものは他ではほとんど皆無でしょう。ということで,日本近現代史にとどまらず,中国・朝鮮などとの関係を視野に入れて,そのゆかりの地を集めてみました。

一般にはあまりなじみのない人名も多いでしょうが,案外身近な存在だったりするかも知れません。 日頃何気なく通っている場所が,実は意外な歴史の舞台だったりするかも知れません。

そこで私自身が直接訪れ,撮影した写真をまじえて,そのいくつかを紹介していきます。


INDEX

・黄興邸(東大新人会本部)  (豊島区目白3)
・近衛篤麿邸  (新宿区下落合3)
・東京同文書院  (新宿区下落合3)
・竹内善朔宅(山手平民倶楽部・『衡報』発行所)  (豊島区南池袋4)
・『民報』社 1 (文京区)
・劉師培・何震宅(『天義』社) 1 (文京区)1 (新宿区大久保)
・宮崎滔天宅(『民報』社)   (新宿区新宿5)
・金玉均墓   (真浄寺:文京区向丘2)
・孫文・宮崎滔天座石   (白山神社:文京区白山5)
・汪精衛[兆銘]墓   (宗泰院:杉並区高円寺南 
・チャンドラ・ボース像   (蓮光寺:杉並区和田 ) 

とりあえず写真だけでかんべんして下さい。
近々解説文作成と新項目の追加をする予定です。

SEO [PR] J[hr AEx o^C av[g^T[o[ Cu`bg SEO